HIV感染者の合併症のひとつ口腔咽頭カンジダ症ってどんな症状?

口腔咽頭カンジダ症はカンジダ・アルビカンスが原因である真菌感染症です。HIV感染者の合併症として知られていて、悪性腫瘍といった免疫不全を引き起こす疾患を持っている患者で見られます。偽膜性カンジダ症といった種類もあり、症状として舌の疼痛や灼熱感、味覚異常や嚥下困難があり、口角炎などが多く見られます。HIV感染者や血液疾患の場合、免疫力が低下するため口腔はもちろん、咽頭や食道などにおいて合併症を引き起こすケースがあるので注意が必要です。

カンジダは常在菌になるので健康な人の場合は発症することがほとんどありませんが、口腔内環境などの局所的な因子だったり、血液疾患やAIDSなどの免疫不全症や糖尿病などによって発症することが多いです。抵抗力の弱い子供や高齢者にも注意が必要で、免疫抑制剤や抗菌薬などを利用した投薬治療を受けることによって治療することができます。慢性型カンジダの場合、細胞性免疫が大切な役割を果たしているので、CD4陽性T細胞などの減少によってHIV感染者への発症が多いと言われています。子供の頃に基礎疾患を持たない生理反応として発症することが多く、口の中が熱く感じたり、不快な症状が続くので早めの処置が必要です。成人でも発症することがあり、免疫不全やステロイド治療などで現れることもあります。抗生物質の長期使用や性感染症(STD)などでも生じることがあり、その際粘膜のびらんや浅い潰瘍などの合併症があるので治りにくくなります。歯肉炎や消化器官カンジダ症といった合併症も考えられるので、口の中に異変を感じたら医師に相談すると良いでしょう。特にHIV感染症は注意が必要で、免疫力が低下しているので口腔はもちろん咽頭や食道にもカンジダ症も併発するリスクがあります。

治療として抗真菌剤の使用や口腔ケアが必要になります。症状に応じて適宜選択することができ、口腔ケアすることによって口の中の衛生状態を維持することから菌の増加を予防することが可能です。口腔ケアだけでは発症したカンジダを治癒することができないことが多いので、治療薬を併用しながら様子を見ていきます。義歯を利用している場合、床用レジンは口の中が不潔な状態だと菌が繁殖しやすいです。義歯のクリーニングを怠ると義歯性口内炎や慢性萎縮性カンジダを発症するケースがあります。義歯ブラシを使って義歯に付着したものをきれいに除去したり、就寝する際洗浄剤に浸しておくと良いでしょう。