膣カンジダは放置しても自然治癒はしない!必ず薬での治療が必要

多色な薬

カンジダ菌が外陰や子宮頚部において繁殖するカンジダ症に悩んでいる女性は多く、相談せずに悩んでいる人がいます。腟内部にデーデルライン乳酸菌と呼ばれている乳酸菌がいて、通常この乳酸菌が持っている自浄作用によって悪い菌が繁殖することを予防することが可能です。しかし何かしらのきっかけから乳酸菌のバランスがとれなくなり、菌が優位になるとおりものが白くなったり、カッテージチーズのような白いものが現れます。

カンジダ症の原因である菌はカンジダ・アルビカンスが多く、次にカンジダ・グラビナータが多くと言われています。カンジダ症は日和見菌感染症の一つで、日和見菌感染症は健康的な状態だと問題を起こさないものです。免疫が低下していたり、体力を消耗している状態になると、疾患を引き起こす菌が増殖し、何かしらの症状が現れる感染症になります。菌はもともと身体に存在するもので、健康的な状態だと影響を与えることがありません。体調がすぐれなかったりデーデルライン乳酸菌の作用が弱まっている場合や環境の変化などが起きると、何かしらの症状を起こす仕組みです。症状が軽いものだと自浄作用によってある程度治癒するケースもあるのですが、おりものがいつもと違って大量に出ていたり強い痒みが出ているなら、そのまま放置しないで医師による診察を受け早期発見・早期治療を受けることをおすすめします。

この感染症にはむずむずした感じと痒みがあります。痒みのため患部に引っかき傷を作ったり、なかなか完治しなくて悩んでいる患者も多くでしょう。そのまま放置していると、外陰部や股部などの炎症がもっと酷くなったり湿疹が広がるかもしれません。症状が慢性化することによって、完治するのが難しくなるケースもあります。カンジダ症はもちろん性感染症をそのまま放置していると、不快な状態が続くので症状を悪化させてしまう傾向が多いです。別の病気を引き起こすこともあり、検査や治療を早めに受けることが大切です。カンジダを完治するには薬が必要になります。カンジダ症の治癒判定は、患部の痒みやおりものの異常が消失したタイミングにおいて行われる仕組みです。性感染症(性病科)や婦人科、泌尿器科や皮膚科などにおいて受診することができ、おりものがいつもと違ったり性器周辺において痒みがあるなら早めに医師に相談することをおすすめします。クリームや膣錠などいろいろなタイプの薬があるので、自分の症状に合ったものを選択することが可能です。