カーネステン膣錠を通販で購入する方法は?膣錠ってどうやって使用する?

薬を持っている女性

カーネステン膣錠は膣カンジダの特効薬で、寝る前に膣に挿入するだけで治療することができます。臨床試験では88.6%という高い有効性を示していて、6日間で確実な治療を行うことができました。日本においてエンペシド膣錠と言う名前で知られていて、1976年から販売されている歴史の長い医薬品です。

カーネステン膣錠が登場してから長い時間がたっていますが、現在でも膣カンジダに対して有効性が高い薬として利用されています。膣カンジダはカンジダ菌が膣内において異常繁殖することで発症し、クリームや軟膏を利用した場合外陰部の症状を治療することはできますが、膣内において繁殖する菌を除去することによる根本的治療を行うことができません。カーネステン膣錠は患部に直接成分を届けることができ、クリームや軟膏といった外用薬より確実に完治することができるでしょう。カーネステン膣錠はカンジダ菌に対して効果を持っている抗真菌薬で、菌の発育を抑制したり、阻止することによって、かゆみやおりものの異常などの症状を2?3日で改善することが可能です。

使い方として就寝する前に膣の奥に挿入しましょう。1回の用量は1錠で、1日の使用回数は1回までです。治療期間は6日間で、膣錠を挿入する際手と患部を清潔にしてから使用します。人差し指と中指を使ってカーネステン膣錠を挟み込み、膣の奥まで押し込みましょう。膣錠の挿入が終わると、患部に触れた手をきれいに洗い流します。膣錠は挿入した後、しばらくすると薬剤が溶けてくるので液体が垂れてくる仕組みです。寝る前に入れるのがおすすめで、服やシーツなどを汚さないよう生理用ナプキンを着けてから寝ると安心することができます。

外に溶け出していくのは錠剤の形を維持するための基剤で、膣錠の有効成分は吸収されますので大丈夫です。カーネステン膣錠をインターネット通販で購入することができ、気軽に注文することができます。いろいろな個人輸入通販サイトがあり、リーズナブルな価格で購入することが可能です。通常のショッピングサイトと同じように商品を選択することができ、お得なセット商品なども販売されているので便利です。海外で販売されている医薬品やジェネリックなども取り扱っているので、コストを抑えて注文することができます。中身が分からないように梱包してくれるので、安心して利用することが可能です。自宅にいながら注文することができ、短期間で郵送されるので忙しくて病院に行けない人におすすめです。